閉じる
現在の総物件数
物件数4133
お気に入りに追加しました

板橋区について

約三万年前から生活が始まった板橋区エリア(武蔵野台地)

武蔵野台地に人類の生活が始まったのは、約3万年前、この台地の東北端に位置する板橋区地方は、石神井川流域や荒川谷の支谷にこの時代の遺跡が多く点在してます。その中でも茂呂遺跡は旧石器時代を代表する遺跡の一つといわれ、約1万7千年前にさかのぼるといわれます。

そして8千年前には土器文化をもった縄文時代が始まり、3世紀前後に始まった稲作文化として知られる弥生時代から古墳時代の生活が伝わる白子谷、前谷津谷、出井谷などに展開しました。中央集権国家が誕生する奈良・平安時代でも板橋区地方の人々は竪穴住居に住み、稲作を中心とした生活をおくっていたようです。

中世

1180年、源氏旗揚げの際、頼朝、義経が戸宇久を通過したことが、「義経記」に記載されてます、徳丸・赤塚方面にはこの時代を象徴する立派な仏像も残されており、鎌倉時代から室町時代にかけてこの地方の主権者として威を振るったのは豊島氏、その繁栄は1477年に豊島氏が長尾景春の反乱に加担、上杉家の家臣、太田道灌から石神井川城・平家城を落とされる時まで続きました。

近世

徳川氏が覇権を握り、1604年に江戸幕府は街道を整備、一里塚や宿場を設けて交通の便をはかりました。これにより現在の板橋区には平尾・志村の両一里塚が構造され、板橋区宿が設けられました。板橋区宿は、江戸4宿のひとつとして、江戸へ入る最後の宿場、江戸を出る初めての宿場でもある為、1635年、諸大名の参勤交代も手伝って、かつてない繁栄を見せたようです。

明治・昭和

明治維新後、板橋区は武蔵県所属となりましたが、1869年、大宮県へ、さらに浦和県へと、転属され、1871年、東京府の区域拡張が行われ、初めて東京府に編入となりました。その後、北豊島郡が誕生し、下板橋区宿に郡役所が設けられて、行政の中心となりました。しかし上野?熊谷間の鉄道の開通や、大火による板橋区宿の消失により、板橋区宿は衰退の道を余儀なくされます。

1887年山手線が開通、板橋区駅も開業、そして東上鉄道が開通すると、上板橋区、赤羽方面がひらける基となり、昭和7年東京市に編入、はれて板橋区の誕生となりました。
板橋区の工業化の基盤となった陸軍造幣廠、板橋区火薬製造所等の工場は、軍国日本と共に歩み、やがて工都として一躍時代の脚光を浴びるようになります。世界を恐れさせた工業日本の縮図でもありました。土地入手の容易な点、舟運の利便性、などから危険物を取り扱う軍事工場や爆発性の化学品の製造工場設置に好適の地形と条件を提供していくようになります。

戦後

地方制度の改革による特別区の誕生から区長の公選、地方自治法の制定、区議会議員の公選と、戦後の地方自治の出発点となった年には、総面積の約60%にあたる区南部が練馬区として分離独立し、埼玉県戸田町の一部約0.2平方キロメートルが当区に編入され舟渡4丁目が誕生。戦中の軍需中心の板橋区の工業は終戦を境に、近代産業興隆として飛躍します。

都内最大の高層住宅団地「高島平団地」が完成。この高島平と巣鴨間を結ぶ都営地下鉄6号が開通その後、都営地下鉄三田線に改称され、西高島平と三田を結ぶ一大動脈となり、本格的な板橋区の住宅化が進みました。

板橋区は全国的に子育てしやすい環境

 日本経済新聞社と日経BP社の共働き子育て家庭向け情報サイト「日経DUAL」は、全国143自治体を対象に「自治体の子育て支援制度に関する調査」を実施し、「共働き子育てしやすいランキング」としてまとめた。調査結果を点数化したランキングにおいて、板橋区が前回18位の順位から全国6位の評価を得ました。

[table “8” not found /]

参考サイト:日経DUAL http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/094/094693.html

子育て世代にありがたい板橋区内の主要な公園

板橋区には広々とした公園が多数あります。

都立浮間公園

桜の季節には「舟渡さくら祭り」が開催され、多くの人が訪れます。広い公園内では、ヘラブナ釣りを楽しむ人、スポ-ツを楽しむ人などさまざまな楽しみ方をしています。園内にはサクラソウの圃場(ほじょう)があるほか、水生植物園もあります。

見次公園

昭和28年4月に開園され、面積約14,000平方メートルのうち70%が手こぎボート池になっている親水公園。(4~10月 土・日・祝のみ)

都立赤塚公園

高島平団地と首都高速5号線に沿って、東西にのびる公園。残された自然林、そこを通る遊歩道、広場と運動施設などと赤塚公園は変化に富んでいます。

板橋区立水車公園

園内には水車が回り、水田では田植えから稲刈りまでの稲の育成状況や農業の風景を観察することができます。また、水車公園の道を隔てた隣には日本庭園があり、茶室の「徳水亭」があります。

薬師の泉庭園

八代将軍吉宗が大善寺に立ち寄った際、境内に湧く清水を見て、ここの薬師像を清水薬師と命名。資料をもとに当時の庭園が復元されている。

板橋区の年齢/男女別世帯人数

年齢別の人口を見ると、20代から50代までの働き盛りの世代が居住していることがわかります。また子育て世代と言われている20代後半から30代も多いことから子育て環境が整っているエリアと言ってもいいでしょう。

板橋区では年収500万円以下の世帯が全体の約6割を占める

板橋区における世帯別収入では年収300万円未満の世帯が最も多く90670世帯で34%を占めています。年収300万円から500万円の世帯が63540世帯で24%であり、板橋区では年収300万円未満から500万円の世帯が合計58%であり、半数以上を占めていることがわかります。

板橋区で最も多く外国人登録数は中国人の53%

板橋区に住んでいる外国人は登録されている人数で26,009人でした。最も多い外国人は、中国人、13684人であり、53%を占めています。次いで多いのが韓国人で3190人であり、12%を占めています。ベトナム人・フィリピン人の合計は3049人の12%でした。このことから日本に居住している海外出身者はアジア系の人が多いことがわかります。

板橋区で最も多く犯罪が発生しているエリアは板橋区成増2丁目

板橋区では非侵入窃盗(乗り物など)の犯罪が多く発生していることがわかります。
板橋区内で最も犯罪が発生しているエリアは「板橋区成増2丁目」となり最も少ないエリアは「板橋区大門」となります。東京23区と比べても窃盗など軽犯罪件数はやや多いといえるでしょう。

[table “10” not found /]

参照元:警視庁「区市町村の町丁別、罪種別及び手口別認知件数」区市町村の町丁別、罪種別及び手口別認知件数平成28年度版

板橋区の地価はと京都内21位で最も高い単価は1㎡あたりの単価は114.0万円

板橋区の地価公示価格の平均値は、東京都内で21位で、前年比は4.6%の上昇でした。
また、日本全国の市区町村別で見ると板橋区は43位で、さらに詳細に見ると、板橋区の標準地で最も高かったのは東京都板橋区大山町31-1で、1㎡あたりの単価は114.0万円、となりました。住宅地であり都心部に比べると地価の伸長は緩やかと言えるでしょう。


板橋十景

板橋区では板橋ならではの自然景観、都市景観、名所・旧跡イベントを「板橋十景」として地域住民に愛されています。

赤塚溜池公園

園内には約200本の梅が植えられており、早春の頃、一斉に花をつけた姿は一見の価値ありです。 毎年3月上旬には梅まつりも開催されています。

赤塚溜池公園

赤塚溜池公園

板橋

旧中山道が石神井川を渡る地点にかけられた橋で、板橋の地名の由来となったともいわれている橋です。

板橋

板橋


 

いたばし花火大会

東京最大の大玉「尺五寸玉」を打ち上げるいたばし花火大会です。国内最高峰の花火師10人の競演や、総延長700m、関東最長クラスの「大ナイアガラの滝」は迫力満点です。

いたばし花火大会

いたばし花火大会

志村一里塚 

江戸日本橋から数えて三番目の一里塚。
当時の姿を残しているのは都内でも2ヶ所しかなく、国の史跡にも指定されています。

志村一里塚

志村一里塚

石神井川の桜並木 

花見の頃になると川の上流から下流まで1,000本を超えるサクラが咲き誇る区を代表する桜の名所になっています。川沿いに歩いていくと、江戸時代から桜の名所と知られる北区の飛鳥山まで桜並木が続いています。春の一日、桜を楽しむには最適です。

石神井川の桜並木

石神井川の桜並木

松月院

徳川家康40石の朱印地を寄進された由緒ある寺院です。 高島秋帆が日本初の洋式砲術訓練を行ったときの本陣となったことでも知られ、境内には砲身と砲弾を模した高島秋帆顕彰碑があります。宝物館(有料)には関係資料もありますので、ぜひお立ち寄りを。 

松月院

松月院


 

田遊び

(徳丸・広大な水田地帯であった徳丸・赤塚地域に伝えられる田遊びは、水田耕作にかかわる行事で、年の初めにあたってその年の五穀豊穣と子孫繁栄を祈る「予祝(よしゅく)」の意味を持っています。 徳丸北野神社は2月11日、赤塚諏訪神社は2月13日の夜間に行われており、昭和51年、両田遊びは「板橋の田遊び」として国の重要無形民俗文化財に指定されました。
赤塚)

田遊び

田遊び


 

高島平団地とけやき並木

 
昭和40年代に団地の整備が行われ、現在の高島平の風景が作られていきました。約600m続くけやき並木は、団地とともに成長し、四季折々の美しさを見せてくれています。

高島平団地とけやき並木

高島平団地とけやき並木

東京大仏(乗蓮寺)

乗蓮寺本堂の右手にあるのが高さ13mの青銅製の大仏、通称東京大仏です。平和を祈って建立された大仏は、完成当時日本第3位の大仏と言われました。境内にある様々な石像は、藤堂高虎が朝鮮から持ち帰ったと言われるもので、なかでも「がまんの鬼」のユーモラスな表情は楽しいですよ。 

東京大仏

東京大仏

南蔵院(南蔵院のしだれ桜)

江戸時代初期に創建されたと伝わる真言宗寺院で、八代将軍吉宗が鷹狩の際の休憩所でした。境内には、承応2年(1653)に旧蓮沼村の庚申待講によって造られた丸彫り地蔵の庚申塔があり、ここのしだれ桜は境内の不動堂などを背景として花の季節には見事な眺めとなります。

南蔵院のしだれ桜

南蔵院のしだれ桜

pagetop